読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぇうしくんうしくん

今週のまとめ (一週間で自分が見た技術系サイトのログ)が今のところメインです。プログラミング言語、人工知能、セキュリティ 等

今週のまとめ

Web

hack.css - dead simple css framework

http://hackcss.com/

徹底的にシンプルな CSS フレームワーク。フォームヤグリッドなどの必要最低限の定義はされている。 ヘッダの先頭に Markdown のように#を表示しているのが斬新。

Linux

Rush - コマンドの並列実行

github.com

コマンドを並列実行するといえば GNU Parallel *1 が有名であるが、それと似たようなアプリケーション。GNU Parallelは Perl で実装されているが、これは Go 言語で実装されており若干早いらしい。 余談であるが、使用例がバイオインフォっぽいことに気づいた。*2

分散システム

Notes on Distributed Systems for Young Bloods

Notes on Distributed Systems for Young Bloods – Something Similar

分散システム初心者向けへの箴言集。

Thrill - C++で大規模データ処理

http://project-thrill.org/

C++ で大規模データ処理を扱うためのフレームワークC++ なので Java 製の Hadoop などよりもスループットが早いことがウリらしい。スライドが一番概要が掴みやすいか。

インフラ

Beehive - 自前IFTTT

github.com

IFTTT のようなレシピベースのオートメーションサービスを自前のサーバーでできるようにするプロジェクト。Golangで書かれており、現在数十のアプレット(bee)が存在する。ユーザーが自由にアプレットを追加できそうだが、ドキュメントが不足してるので今後に期待。

DevOps Bookmark

DevOps Bookmarks

DevOps に関するサイトを集めたリスト。カテゴリ分けされており、メニューで条件を絞って検索ができる。

サーバーレス・アーキテクチャで構築したシステムの運用はどうやるのか?

cloudpack.media

AWS Lambda とそのなかまたちだけで構成した動画配信サーバーについての話。当該記事はそのモニタリングシステムについての話。サーバーレスという旨みを活かして料金が下げるという話には感心した。

ソフトウェア工学

10つのソフトウェア工学の誤り

medium.com

ビジネスロジックをとにかく再利用可能にする」「何でも汎用的にしようとする」といってソフトウェアエンジニアが陥りやすい誤り「オーバーエンジニアリング」について簡潔かつ痛烈に批判していく。2016年のサンドイッチレイヤーの図を見て笑ってしまった。

統計

The Probability and Statistics Cookbook

statistics.zone

確率統計の公式や分布に関する早見表。検定、確率過程、時系列データなど手広く扱っている。最後のページにはおなじみの確率分布相関図がある。

アルゴリズム

Big O CheetSheet

http://bigocheatsheet.com/

主要データ構造とソートに関しての計算量早見表。競技勢とかはもっと謎のデータ構造とか知ってそうなので作って欲しい(他力本願)

PostgresSQL のクエリ最適化の遺伝的アルゴリズム

第58章 遺伝的問い合わせ最適化

最近PostgresSQLを調べ始めたのだが、意外なところでGAが実戦投入されていることを知った。 補足資料としては以下の通り。

近況

iPhone の画面は依然として割れている。

*1:いつもlとrの位置と数で迷う

*2:バイオインフォの研究においてシェルスクリプトを知ってるのと知らないのでは能率が全く違うと思っている。

今週のまとめ (2017/2/10)

arXiv を見るビューアーを作った

zkro.hateblo.jp

グラフィックス関連

ディープラーニング

その他

近況

iPhoneの画面が割れた

arXiv を見るビューアーを作った

45deg.github.io

arXivはAPIを提供しているが、 親切なことに Access-Control-Allow-Origin: * ヘッダを付けてくれている。 つまり、クロスオリジンの制約なく API にアクセスできるため、任意のドメインから XHR のみ (つまりクライアントアプリケーションのみ) で API にアクセスできる。 それに気づいたため、折角なので作ってみた。

機能としては、今のところカテゴリの選択と日付の選択だけである。要望があれば言っていただければ嬉しい。 また、arXiv自体の挙動が不安定(例えば、アナウンスタイムを過ぎてもアナウンスされない、前日のサブミッションが翌日のサブミッションに混ざっている等)なことに加え、まだ十分に動作確認していないのでバグが発生するかもしれないがご容赦願いたい。

使用した技術

Mithril.js

つい先日ver 1.0.0がリリースされたSAP向けフロントエンドライブラリ。その軽さ(ベンチマークがサイトに載ってある)とXHRが組み込まれているところが気に入って採用した。 使ってみた所感は以下の通り。

  • JSX や webpackによるモジュール分割 の連携などでかなり楽になった。APIを必要最小限にしながら、うまくモダンJSのエコシステムを利用していると思う。
  • ステート管理の自由度が高い。逆に言えば、雑に作るとひどいコードになる (若干なった)。真面目に使うなら Redux などのステート管理ライブラリを使うのが良さそう。
  • React と比べるとやはりプラクティスやリソースが少ないのが気になる (自由度が高いので尚更)。それについては時間が解決してくれるだろう。
  • 結論としては、今後もこういった小〜中規模のアプリケーションにはどんどん採用していこうと思った。

Tachyons

レスポンシブルな CSS ツールキット。Tachyonsを用いると、

div.hoge {
  margin: 1em;
  border-radius: .5rem;
  border-style: solid;
  border-width: 1px;
  padding: .5rem;
}

といった CSS

<div class="ma2 br3 ba1 pa1"></div>

と等価となる。

つまり、Tachyonsは、再利用性が高い豊富なクラス定義を組み合わせることでデザインを構築し、CSSを書く労力を減らすという思想に基づいたツールキットである。Bootstrap などにある高レベルなコンポーネント (フォームやボタンなど)は提供されていない。そういったフレームワークに比べると、 Tachyons はユーザーが自分でデザインする点において低水準であるが、自由度はかなり高いといえる。 また、モジュールの粒度がかなり細かいので必要最低限までファイルサイズの最適化が可能となる。

今週のまとめ / 確率的プログラミング と CPUを作るゲーム

ブログはじめました (2年ぶり)。毎週つぶやいたリンクとか思いついたアイデアとかについてまとめてこうと思います。

続きを読む

pixiv 2015 SUMMER BOOT CAMP 参加記

参加しました。

続きを読む

Twitterアイコンにはヒエログリフが合う

先日 GoogleAdobe が作ったフォントが話題となってました。

Googleでは Google Noto Fontsというプロジェクトでフリーのフォントを配布しているらしいです。Noto Fontsは色々なフォントファミリがあって、なかなか面白いのですが、その中でもヒエログリフが目を引きました。

Noto Sans Egyptian Hieroglyphs

このフォント、割りと完成度が高く、特に動物の文字がとても可愛らしく出来ています。

f:id:z_kro:20140721010322p:plain

著作権上の問題も回避できるため、Twitterアイコンに使用するのに適しているかと思われます。白地にヒエログリフの黒文字でもなかなか味のあるアイコンに仕上がります。

ヒエログリフの一覧はここここ(重い)で見ることができます。

SECCON 2014 予選に参加した

先日 CTF for Beginners に参加したのですが、7/18(つまり前日)に主催者側からSECCON2014があるよとメールが来たので参加してみることにしました。 自分はCTFに関しては先のctf4b以前・以降何もしていません。つまり全くの初心者状態でこの予選に挑むことになりました。 とりあえず準備運動としてksnctf*1で簡単な問題を解いてみました(541pt)。まあこれくらいの問題を解ければいいかと思い本番に臨みました。

続きを読む